家庭と仕事

女性にとって、仕事と家庭の両立というのはとても重要な事だと思います。結婚や出産と人生のイベントがあるたびに仕事か家庭かの選択を迫られるのは、やはり女性が多くなります。また、現在の社会では結婚や出産して子どもを育てながら仕事をすることに対してのサポートがなさすぎるので、大企業などによくある育児休暇制度も会社の雰囲気的に申請出来るものではなく、形骸化しているということもあります。ましてや男性が育児休暇を取ろうものなら上司から「男なのに育児休暇なんて恥ずかしくないのか」とまで言われてしまう世の中なのです。また、そういった育児休暇というのは社員の数が足りていたりその間も給料の半分を出せるような余裕のある企業しか整えることが出来ないので、中小企業などは子育て支援も出来ません。そういったところに勤めている女性は仕事をやめざるを得ないし、働こうにも都市部を中心に保育園の待機児童問題があるので預けられる保証がありません。海外のようにベビーシッターや家事代行サービスもそれほど浸透していないため代金も高く、日常的に雇えるものではありません。まさに現代の日本は女性が働くことに対して否定的な態度を取っていると思えてなりません。これから少子高齢化社会で労働の担い手も減り、国内総生産は減っていくことも予想されます。機械化や外国人労働者で補う案も出ていますが、何より国内に住む働くことの出来る女性たちをサポートしなければ始まらないと思います。ただ、最近では子育てをサポートしている企業も多くなりつつあります。未だに古い考えが強い企業もありますが、そういった企業に勤めている方は育児ママの応援サイトもたくさんあるので参考にしてもらい、子育てしながら働けるようになってほしいと思います。女性の仕事をサポートする体制がこれからより整うことを願うばかりです。

Leave a Reply

free blog themes